あなたも安室奈美恵、相武紗季に!離れ目が可愛い「魚顔」メイクポイント3つ

viral

81490089-20160420113638-e1461119912931-620x448

目と目が離れ気味なのに、それが欠点とはならず逆にチャームポイントになっているのが、安室奈美恵が代表格の“魚顔”。杏や相武紗季、森星、後藤真希などが同じタイプで、有名人の中にも意外と魚顔女子は多く、そんな魚顔をメイクで真似したいという声もたくさんあるんです。

今回は、そんな魚顔にメイクで近づくテクニックを、3つのポイントごとにご紹介しましょう。

■1:アイライン

目と目が離れた魚顔にさせるためには、瞳を大きく見せるパッチリアイメイクとは逆で、横のラインを強調するのが大切。そこで絶対に必要になるのが、アイラインです。

ブラウンよりも黒系のアイライナーを使って、ややはっきりめにしっかり描きます。目尻はしっかりハネて、目の下側も外側1/3くらいからアイラインを描き、目の上のアイラインとつなげます。

これで目の縦ラインよりも横ラインを強調して、離れ目っぽくなるでしょう。

■2:眉

魚顔の眉はあまり存在感を主張しないナチュラルなものがベター。眉に角度はつけず、やわらかなアーチが合います。

眉頭からペンシルでしっかり眉を描くと、顔の中心部分が強調されてそこに目が行きがちなので、眉頭はできるだけパウダー等を使って、自然に仕上げるようにしましょう。

眉は髪色に合わせるのが基本ですが、眉の黒色が強すぎるとどうしても眉ばかり目立ってしまうので、茶系の眉にした方が顔になじみます。

■3:チーク

頬に丸くかわいらしくのせるチークは、顔の中心に視線が集まりやすくなるため、魚顔にしたいならダメ!

頬骨から顔の斜め上方向へのせるようにします。やわらかいピンク色は避け、オレンジ系のチークにすれば、魚顔の女性に共通するような活発さや元気な雰囲気がプラスできるでしょう。

こんな魚顔のメイクが似合うのは、童顔でいつも幼く見られがちな人。顔のパーツが中心に集まっていると子どもっぽく見え、外に離れていると大人っぽく見えるため、魚顔メイクにすると大人びた雰囲気にできるんです。

元から目と目の距離が長めの方は、ここで紹介したメイクにすると離れ目がよけいに強調されて逆効果になるので、注意してくださいね。

さらに女優やモデルなど有名人のメイクテクニックを真似してみたいと思ったら、「深田恭子もコレで再ブレイク!“美女をキュートに変える”メイクテク」や「紗栄子に石原さとみも!“激モテ子が実践する”たった2つのメイク術」も参考にしてみてくださいね。

引用元:美レンジャー

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます