知らなかった…タンポンの“正しい交換タイミング”っていつ?

viral

aaaaaaaaaaa05c38cce

海やプールシーズンの夏に何とか使い方をマスターした、“タンポン”。だけど、実際使ってみると、替えるタイミングなど分からないことだらけだった、やっぱりナプキンがいいのかも…なんて方も多いのではないのでしょうか。

みんな、タンポンを替えるタイミングが曖昧…

タンポンを替えるタイミングがいまいち分からないって、あるあるなんですね…。そこで今回は、タンポンの替え時をご紹介します。まずは、使い方を簡単におさらいしましょ。

アプリケータータイプ

出典 http://japanese.alibaba.com

アプリケータータイプは、比較的簡単に使用できると評判。タンポンをはじめて使う!という方には、こちらのタイプお勧めです。

フィンガータイプ

出典 http://organikbe.com

フィンガータイプはその名のとおり、小さくて持ち運びに便利なタンポンとなっています。慣れてきたらこちらを使用するのがお勧めです。

入れるときの工夫
うまく入らない時には、挿入角度を斜め後ろの方向に調整してみましょう!自分のカラダを一番知っているのは自分。ちょっと工夫をしてみることが大切です。

出典 http://www.unicharm.co.jp

入れるときには人それぞれで痛みがなく入る角度がありますので、自分に合わせた場所を探してみてくださいね。

取出し方はフィンガータイプ、アプリケータータイプ、スティックタイプとも共通です。
まず、取出すときは手指を清潔にして下さい。タンポンには取出すときのために「取出し用ヒモ」が付いています。体の外に出ているヒモは膣口に近い部分を持ち、息を吐きながら身体の力を抜いて斜め前にゆっくり引き出します。

出典 http://www.jhpia.or.jp

どこに入れたら良いのか分からない場合は、慣れるまで鏡を見て確認して。多い日に使うとタンポンがスムーズに出し入れできます。そして力まずにリラックスした状態でトライしてください。

自分の経血量にあったタンポンを使う

出典 http://www.gettyimages.co.jp

取り出すときに痛みを感じたら、タンポンが合っていないのかも。吸収体に白い部分があるなら、1ランク量の少ないタイプにチェンジしてみて。

出典 http://www.unicharm.co.jp

体の中に入れて使うものなので、サイズには注意が必要です。痛みを感じたら直ちに他のサイズを検討してください。体に一番合うタンポンを使用することが、月経のストレスを軽減させることにもなります。

こまめに替えなければいけない理由とは

出典 http://www.gettyimages.co.jp

月経日数・経血量とも個人差がありますが、長時間のご使用は避け、一日に3回以上は、取り替えてください。一日中タンポンだけで過ごすのではなくナプキンと交互にお使いになることをおすすめします。

最後にいつタンポンを入れたかは、必ず覚えておき、取り出し忘れのないようにしてください。

出典 http://www.jhpia.or.jp

タンポンの取り替え時間は、約8時間おきと言われています。長時間同じものを使ってしまうと、トキシックショック症候群(TSS)になるリスクが高まります。TSSは、吐き気やめまい、急な発熱、湿疹、下痢といった症状が現れるもの。清潔にしておくことが何より大事です。湿ったままのタンポンは菌が繁殖してしまい、大変危険です。

また、トイレの度に交換する必要はありませんが、トイレの際に尿などがタンポンに付着してしまった時はすぐに取り替えて。

タンポンに慣れたら、生理のストレスが軽減できる♪

出典 http://www.gettyimages.co.jp

替えるタイミングや入れ方、取り出し方など注意点を守れば、実は便利で安心なタンポン。月経中の不快感が軽減すれば、毎日がもっと楽しくなりますよね。不安をしっかり取り除いて、快適にタンポンとお付き合いしてみるのはいかがですか?

引用:spotlight-media

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます